インドネシア向け海外ECサービスの開始のお知らせ

弊社と株式会社ジービーシー(東京都文京区、代表取締役:服部愛子)は、共同で運営する越境EC運営代行サービスEC-Zealで、インドネシア向け海外ECサービスを開始いたしました。

JETROのアンケート調査によると、東南アジアは越境ECでの販売対象国として高い興味を持たれており、その中でもインドネシアは突出して市場規模が大きくなっており、アリババが公表しているデータでは2025年にはその市場規模は820億USDにもなると予測されております。

しかしながらインドネシアは輸入通関が非常に難しい実態がありました。

そこでEC-Zealでは、インドネシア国内でのEC(Shopee)の既存店舗に出品する形で販売拡大する方法をご提案します。

詳しくは、EC-Zealのサービスページをご参照頂きたいと思います。

中国での商標取得代行

中国で越境EC、或いは一般貿易によって商品を販売するにあたって、最も重要な事は、先ずは商標を取得する事です。商標を保有せずに商品を販売すると、商標権の侵害で訴訟を起こされるリスクや損害賠償のリスクに晒される事になります。
NDCアジアでは、中国における商標獲得を代行します。
News&Topix

前の記事

2024 新年ご挨拶