大気汚染PM2.5が肌老化の原因に

大気汚染PM2.5は、肌から体内に吸収されてしまいます。(米国皮膚学会の発表による)
PPスキンバリアゲルは、これを抑制する目的で作られた化粧品です。

世界の大気汚染


AQIは0が最も良く(空気が綺麗)、300~500は危険。
PM2.5およびPM10は24時間の最大値を表します。

WHO環境基準25µg/m3(=AQI 74)以下

現在、世界人口の80%がPM2.5にさらされています。大気汚染の防御法”
それは、肌に膜(バリア=化粧品)を張って直接触れさせないこと。それ以外の防御法は見つかりません。今までは、肌への悪影響の主原因は紫外線が一般的でしたが、最近ではシミ・しわ・ほうれい線の原因の8割は大気汚染だと言われています。

中国、インドをはじめとした、東南アジアにて販売を行っています。