弊社は、ジャパンEコマースコンサルタント協会が主催し、弊社が協賛協力し、中国深圳市の視察ツアー(2回目)を実施いたしました。

深圳は、今をもっても経済成長が著しい中国の中でも一番の成長を遂げている、中国3番目の都市です。
若くて意識高い若者が集まり、多くの出資が集まり、その結果、世界でも最先端の技術が集まっています。


深圳市越境電子商務協会を訪問し、深圳企業との交流会


弊社は数年前から深圳市越境EC協会との交流を深め、情報共有しております。
日本の商品を中国へ提案する活動は、その殆どが越境EC協会の協力があってのものです。
今回も深圳側には10社以上にご参加いただき、日本企業との交流を行いました。
深圳の、主に越境EC企業は、日本からの商品輸入も拡大したいが、中国の商品も日本へ輸出したい、という要望があります。日本と中国、双方でWin-Winの関係を築いていきたいと思います。


輸入貿易に関連する企業を訪問


日本の商品を輸入している販社数社を訪問いたしました。
特に、中国でも最大手の1社である、天虹百貨店。

深圳で騰訊と提携して、無人コンビニもやってます。

天虹の無人コンビニは、最初にWeChat内アプリをWeChatに入れてQRコードを読み取ると、ドアが開きます。
その後、コンビニ内の商品を取って、出口で表示された金額を清算すると、ドアが空いて出られる、という仕組みになっています。
WeChatを使って、QRコードで決済できる点が、導入しやすさもあって、普及するんでしょうね。