中国への販路拡大事業について

一言で「中国」と言っても、中国はとても広大な国で、北から南では文化も商習慣も違います。上海や浙江省から北と南では、それぞれに販売戦略を考えていかなければなりません。
NDCアジアは、上海を中心として販路拡大、また化粧品OEMの誘致などを行う東方美谷は、上海市政府が主導し、日本の化粧品、健康食品ブランドを中国全土に向けて発信します。
日本の窓口は、一般社団法人日本東方美谷産業促進協会が行っております。
深圳を中心とした販路拡大活動は、深圳市越境EC協会が主導し、中国の約半数の市場と言われる深圳の越境EC市場へ提案します。

中国越境ECのポテンシャル

2018年4月の経済産業省の報告書によると、2017年時算出のデータでは、日本から中国への越境EC販売額は、約1兆3千億円で、2019年には2兆円を超え、2020年には2兆4千億円を超えると予測が出ております。

一方で、中国から見れば、越境ECでの輸入は、全体の4.4%にすぎません。それだけ中国は非常に大きい市場だという事です。

越境ECポテンシャル推計値(2017年時算出)

中国の越境EC販売会社は、現在の売上規模から、さらに拡大するため、日本の中小企業ブランドの商品の、代理権を求めています。
弊社は、そういった中国企業にニーズと、日本の、中国への販路拡大のニーズをマッチさせ、弊社が卸売、貿易の立場として、中国向けに販売の拡大をしております。
詳しくはこちら

NDCアジアの強み

NDCアジアは長年にわたる中国での活動により、深圳市や広州市を中心とした華南エリアには多くの取引先を持ち、上海を発信源とした中国全土への販路拡大については、东方美谷との提携によって販路拡大の支援を行います。


深圳市にて日本の商品について説明をする当社代表の出口(隣は、深圳市中日経済文化交流促進会の黄秘書長)

深圳市にて化粧品メーカー数社をお連れし、KOL生配信を実施。

深圳市と香港にて、日本の化粧品メーカーと中国の越境EC販社との化粧品のマッチングイベントを開催。


深圳市で行われた微商産業交易博覧会にて講演する当社代表の出口

青島市越境EC協会の大会にて講演する当社代表の出口

日本と中国の越境EC規模拡大について講演


東南アジアへの販路拡大

日本国内での販売は、もう既に飽和状態となっており、いかに販売促進費をかけたところで、その効果は日を増すごとに厳しくなっていきます。
私たちは、日本人が日本人のために作った本当に良い商品を、これから経済発展していくであろうアジア諸国に提案し、販路を拡大していくべきだと考えています。
詳しくはこちら
service1-2

中国での商標取得代行

中国で越境EC、或いは一般貿易によって商品を販売するにあたって、最も重要な事は、先ずは商標を取得する事です。商標を保有せずに商品を販売すると、商標権の侵害で訴訟を起こされるリスクや損害賠償のリスクに晒される事になります。
NDCアジアでは、中国における商標獲得を代行します。